お金に困らないための〜税金の相続対策
お金に困らないための〜税金の相続対策
文書作成日:2023/10/05
相続する財産より引き継ぐ債務の方が多い場合

相続する財産より引き継ぐ債務の方が多い場合、他の相続人の相続財産から控除することはできますか?

Q
今月のご相談

 父が経営している会社を数年前に私が引き継ぎ、現在は父が会長で、私が社長になっています。
 父は会社から5億円の資金を借り入れ、不動産投資(賃貸ビルの投資)をしています。
 この不動産も会社経営に影響することから、父が亡くなったときには、会社からの借金とともにこの不動産を相続する予定です。
 現状、不動産の財産評価額として、賃貸ビルが5,000万円、賃貸ビルの敷地部分は2億円となります。
 他方、借金の残高は4億円あると聞いています。
 今、父の相続が開始した場合、2.5億円(5,000万円+2億円)の財産に対して、借金4億円を相続することとなり、引き継ぐ債務の方が多くなります。このようなとき、他の相続人の相続財産から引ききれない債務1.5億円(4億円−2.5億円)を控除することができるのでしょうか?

A-1
ワンポイントアドバイス

 ご相談のような相続した財産よりも引き継ぐ債務の方が大きい場合、他の相続人の相続財産から引ききれない債務を控除することはできません。

A-2
詳細解説
1.納付すべき相続税額の計算

 納付すべき相続税額の計算は、まず課税価格の合計額から基礎控除額を差し引き、その差額(課税遺産総額)に対して、法定相続人ごとに法定相続分に従って取得したものとして“相続税の総額”を計算します。この相続税の総額を実際に取得した人ごとに割り振り、納付すべき相続税額を計算します。

2.課税価格の計算

 上記1.の計算において、まず課税価格の合計額を計算することになりますが、「課税価格の合計額」とは、相続又は遺贈などにより財産を取得した人ごとに計算した課税価格の合計額を指します。

 課税価格は、各人ごとに以下の算式により計算します。

相続又は遺贈により取得した財産の価額 + みなし相続等により取得した財産の価額 ー 非課税財産の価額 + 相続時精算課税に係る贈与財産の価額 ー 債務及び葬式費用の額 = 純資産価額(赤字のときは0
純資産価額 + 生前贈与加算 = 課税価格(1,000円未満切捨て)

 上記のとおり、各人ごとに課税価格を計算する過程において、純資産価額の計算時に赤字(マイナス)となった場合には「0」となることから、マイナス部分を他の相続人の相続財産から差し引くことはできません。

 ご相談の場合、相続財産から引ききれない債務1.5億円は、純資産価額の計算において0円となりますので、他の相続人の相続財産から差し引くことはできません。また、仮にご相談者様が生前贈与加算を活用して生前贈与を実行したとしても、相続財産から引ききれない債務1.5億円を生前贈与加算分と相殺することもできませんので、ご注意ください。

 相続税に関するご相談は、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

<参考>
 国税庁HP「No.4152 相続税の計算

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
道下敏光税理士事務所
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-44-10
        タイガースビル1007号
TEL:03-6907-7050
FAX:03-6907-7051
 
 
 

あなたの会社お金と利益を増やす為に必要なノウハウ相続イロハ
書籍 税務調査

小規模宅地特例の活用

経営革新等支援機関

税調査対策研究会