あんしん銀行対策
あんしん銀行対策
あんしん銀行対策

創業融資相談:30分 1万円で受け付けています。

融資を受けられた場合の成功報酬は融資金額の

10%をいただきます。

お問い合わせよりメールにてご連絡ください。

日程を調整してご連絡をさせていただきます。



道下敏光税理士事務所では次のサービスを提供しています。
   
                                                                                                                                                                      

1.資金繰表の作成支援サービス
  
  企業が継続発展するにはお金です。
  お金があれば新たな事業への参入も投資も出来るでしょう。
  貯まるまでには時間がかかります。
  それを管理するのが資金繰表です。

  さぁ一緒に作りましょう!(お問い合わせください)

2.事業計画書の作成支援サービス

  貴方は何をしたいでしょうか?と聞かれた時に具体的に答えられる
  社長は何人いらっしゃるでしょうか?
  実は、金融機関は常に計画を知りたがっているんですよ。
  人に聞かれた時に答えられる様にできる道具が事業計画書です。
  今やられている事業を大きくしたい。では何をすれば良いのか?
  他の事業にも進出しないとこのままでは縮小していくだけ!
  
  さぁ一緒に作りましょう!(お問い合わせください)

3.借入金の返済条件変更、事業再生支援サービス

  平成25年3月で金融円滑化法が終了したら?

  その後は貴社の金融機関は今まで通りの取引をしてくれますか?
  簡単な質問です。答えてみてください。
  1.貴社は営業利益、経常利益は黒字ですか?
  2.新規融資又は折り返し(追加)融資をしなくても資金は足りていますか?
  3.資金繰表は作成していますか?
  4.事業計画書は作成していますか?
  5.事業計画書の最低8割は達成できていますか?
  6.社長の目標等と事業計画書は同じ方を向いていますか?

  ”いいえ”が3個以上ついたら良く考えた方がいいと思います。

  私見ですが、今後予想される金融機関の対応は2〜3年後に経常利益
  (金利支払後)が黒字化されない企業は廃業を提案してくると思われます。

  心配な方はお問い合わせください

4.通常の融資関係支援サービス

  1.運転資金の調達(長期借入金)
  金融機関が貴社に資金を融通するかどうかを決めるときに決算書の
  次のことを確認します。

  (1)損益計算書では
   @営業利益、経常利益は当然黒字であること
   A売上高営業利益率経常利益率が業界平均と比べて上、同じ、下か
   B借入金残高÷月商=3以内であること等

  (2)貸借対照表では
   @自己資本比率は○○%
   A流動比率は○○%
   B固定長期適合率は○○%
   C売掛金等の売上債権に滞留債権(回収不可)のものが入っていないか
   D遊休資産(現在使用していない資産)を保有しているか
   E短期長期の区分を適正な基準により行っているか等

  2.中小企業経営力強化支援法が平成24年8月から実施されています
  今後注意しなければいけないこと!!!  
  (1)「中小企業会計指針及び会計に関する基本要領」に基づいた決算書を作成                          
  をできない税理士の顧問先企業は金融機関からの融資が受けづらくなることが
  考えられます。
    (0.1%の金利優遇です。借入金額が大きいと0.1%でも金利に大きな
     差が出てきます
  (2)認定支援機関登録済み税理士を通じて融資をお願いしたら0.2%金利優遇   
    税理士道下敏光は登録済み税理士です。未登録税理士に依頼しても金利優遇は
    有りません。
    是非、0.2%金利優遇を活用できる税理士に融資は依頼しましょう!
   
  3.その他短期運転資金
   必要に応じて融資を受けるもの。短期資金を借りるのは突発的な
   必要に迫られて行うものでそれ以外で借りた場合はますます
   資金繰りは悪くなります。
 
  4.設備資金(長期借入金)
   機械等収益を生むものに対しての借入ですので、基本的には問題なく
   融資は可能です。


  


     




http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2012/0420Enkatsu-encho.htm

お問合せ
道下敏光税理士事務所
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-44-10
        タイガースビル1007号
TEL:03-6907-7050
FAX:03-6907-7051
 
 
 

相続イロハ
書籍 税務調査

小規模宅地特例の活用

経営革新等支援機関

税調査対策研究会