ちょっと一息〜健康コラム
ちょっと一息〜健康コラム
文書作成日:2023/04/05
さまざまな不調…カゼインが原因かも!?

なんとなく体調が悪い、身体が重い、気持ちが沈むなど、原因がつかみにくい不調には、食べ物が影響していることがあります。そのため、海外ではグルテンフリー、カゼインフリー、カフェインフリー、シュガーフリーなどの特定のものを除去した食べ物も充実しています。今回は、乳製品に多く含まれるカゼインについて取り上げ、その影響について探ります。

1
カゼインの正体とは?

 カゼインは、牛乳やチーズなどに含まれるリンタンパクの一種です。牛乳に含まれるタンパク質の80%がカゼインで占められ、これが牛乳アレルギーの原因とも考えられています。カゼインは耐熱性があり、加熱してもほとんど変化しないため、調理後もアレルギーの起こりやすさは変わりません。

2
カゼインで腸に穴が開く!?

 乳製品に含まれるカゼインを頻繁に摂っていると、未消化のまま腸内に送りこまれ、腸の炎症を招いてしまうことがあります。腸粘膜に負担がかかるとバリアが壊れ、腸に穴が開く「リーキーガット症候群」になりやすいとされています。この病気にかかると、頭痛、発熱、肌荒れ、不眠など、全身にさまざまな症状が出やすくなります。

3
カゼインは遅延型フードアレルギーになりやすい!?

 「リーキーガット症候群」の重症度を測るには、遅延型フードアレルギーの検査が有効だとされています。世界的なテニスプレーヤーのジョコビッチ選手が、グルテン(小麦に含まれる)の遅延型フードアレルギーであることがわかり、食事改善して成績を大きく伸ばしたことは有名な話です。牛乳やチーズなどの乳製品に含まれるカゼインも、遅延型フードアレルギーになりやすい食品のひとつ。遅延型フードアレルギーは、特定の食品を食べてから、半日から翌日に不調を感じます。症状が出るまでの時間が長く、症状も便秘、だるさ、めまい、腹痛など多岐に渡っているため、アレルギー食品が特定しにくいのです。

4
カゼインフリーの食生活を始めるには?

 カゼインを取り除くには、牛乳をはじめ、チーズ、ヨーグルト、バターなどの乳製品を摂らないことが基本となります。これだけでも、かなり効果は見込めますが、もっと厳密に行う場合は牛乳やバターを材料とするパンやお菓子などを控えてみましょう。牛乳の代替品としては、豆乳、アーモンドミルクなどを利用することもできます。なお、加工食品に表示されている「乳化剤」「乳酸菌」「乳酸カルシウム」などは、乳製品と勘違いしやすいものの、牛乳とは関係ありません。

 現在、思い当たるような不調がない場合は、無理に乳製品を除去する必要はありません。乳製品は美味しく栄養価の高い食品として、食事の質を上げてくれます。ただ、健康のために摂っている乳製品が、実は不調の原因になっている人もいます。原因不明の体調不良が続く場合は、試しに乳製品を除去し、様子をみてはいかがでしょうか。

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
道下敏光税理士事務所
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-44-10
        タイガースビル1007号
TEL:03-6907-7050
FAX:03-6907-7051
 
 
 

あなたの会社お金と利益を増やす為に必要なノウハウ相続イロハ
書籍 税務調査

小規模宅地特例の活用

経営革新等支援機関

税調査対策研究会